【Airbnbノウハウ】11-Airbnbで宿泊してみる-3airbnbの仕組みを理解しよう!

2017年4月19日

ホストとしての活動を始める前に、一度ゲストとしてAirbnbを利用してみるとよいでしょう。チェックインまでの流れや部屋の内装など、実際に利用することで多くの発見があります。

2通りの予約方法

リスティングを表示して、宿泊料金の下にある入力欄に日程とゲストの人数を入力すると、清掃代やサービス料を含めたすべての合計額が表示されます。合計額を確認したうえで<予約をリクエスト>をクリックすると、予約申し込み画面に進みます。
ただし、Airbnbでは2種類の予約方法があり、部屋によっては<今すぐ予約>と表示されている場合があります。
予約の成立後は、ホストとゲストの両方に、電話番号とAirbnbが発行するメールアドレスが共有され、自由に連絡ができるようになります。また、予約成立後にキャンセルすると、リスティングの料金欄に掲載されているキャンセルポリシーが適用されることになります。
 

■<予約をリクエスト>の場合

<予約をリクエスト>の場合は、ホストにリクエストが送信されます。ホストは、ゲストのプロフィールや信用度などを確認し、予約を承認するかどうかを24時間以内に回答し、ホストが承認した場合のみ予約が成立します。
 

↑ホストに予約が承認された時点で、宿泊料金がAirbnbに支払われ、予約確認や旅程表がメールで届きます。24時間以内に回答がない場合、リクエストは期限切れとなり失効します。
 

■<今すぐ予約>の場合

<今すぐ予約>の場合、空室日を選択してクリックすると、その時点で予約が成立となります。備品の有無やハウスルールなど、リスティングの内容をよく確認してから予約するようにしましょう。
 

↑<今すぐ予約>をクリックすると、その時点で宿泊料金の支払いが発生し、Airbnbから予約確認や旅程表がメールで届きます。

 

—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より