【Airbnbノウハウ】17-一室・一軒を丸ごと貸す~まるまる貸切-1airbnbの仕組みを理解しよう!

2017年5月12日

マンションの一室や一軒家などを丸ごと貸してしまうのが、「まるまる貸切」タイプです。宿泊料を高めに設定することができ利益率が高い分、初期費用も高額になります。

マンションの一室をそのまま貸す

言葉の通り、一軒家やアパート、マンションなどの一軒分を丸ごと貸し出すタイプが、「まるまる貸切」です。なんとなく一戸建てなどの大きな家を想像しがちですが、東京都内では、ワンルームマンションのような小さな物件をAirbnb用に契約して、ゲストに貸し出しているのが一般的です。多くの人数を泊めることができ、家族旅行などにも対応できるため、宿泊費を高めに設定できます。中には1泊3万円以上という高額な物件もありますが、6,000円台くらいが平均です。
もともと物件を持っている人以外は、Airbnb用の部屋を探すところから始める必要があるため、初期費用とランニングコストは3つのタイプの中で一番かかります。しかし、その分多くの利益を得ることができるため、本格的にビジネスとして取り組むのであれば、このタイプがおすすめです。
 

↑物件を丸ごとすべて貸し出すタイプが「まるまる貸切」です。高い宿泊料を設定することができるため、利益率が高いというメリットがあります。

—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より