【Airbnbノウハウ】20-アクセスや周辺環境を確認する-2airbnbの仕組みを理解しよう!

2017年5月26日

部屋を探すときは、最寄りの駅からのアクセスや周辺環境を確認しましょう。
コンビニや公園、手軽に食事ができるお店が近くにあるかなど、ゲストの目線に立って確認しておきましょう。

静かな住宅街はAirbnbに向かない

Airbnb用の部屋を探すときに注意したいのが、あくまでも便利なのは「ゲストにとって」であり、そこに住む住人にとって便利であることが、必ずしもゲストにとって便利であるとは限らない、ということです。たとえば、住む人にとっては静かな環境が好まれることが多いですが、
Airbnb用の部屋としては、閑静な住宅街などはおすすめできません
なぜなら静かな環境では、ちょっとした住人の声や人の出入りの音などが騒音になりやすく、それだけトラブルのリスクも高まるからです。また、そのような環境では近隣住民や大家さんの理解も得にくく、Airbnbを運営するうえでの障害となってしまう可能性も高いでしょう。
また、近くにコンビニがあるか、安価で食事できる場所があるか、気軽に散歩できる公園があるかなど、周辺のお店や施設を確認することも重要です。とくにコンビニなどちょっとしたものを買い足せるお店が近くにあると、ゲストは安心できます。
このように、住む家を探すときとは異なった視点で考えることが大切です。

 

↑コンビニやスーパーなど、近所にどんなお店があるかは必ず確認しましょう。また、近くに花見や花火大会などのスポットがあると、シーズン中は予約が入りやすくなります。

 

—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より