【Airbnbノウハウ】23-必要な備品を用意する-2airbnbの仕組みを理解しよう!

2017年6月6日

部屋を貸すにはさまざまな備品が必要ですが、どんなゲストを想定するかによって、準備するものは異なります。自分が貸し出す部屋の条件に合わせて想定し、必要な備品を揃えましょう。

個室や貸切なら電化製品も必要

自宅の個室を貸し出す場合は、寝具だけでも始めることができますが、テーブルと冷蔵庫、エアコンくらいは用意しておきたいところです。また、長期滞在のゲストにも対応したい場合は、電子レンジや電子ケトルはあったほうがよいですし、替えのシーツやカバーも必要です。まるまる貸切の場合は、フライパンや鍋などの調理器具や食器もあると喜ばれます。長期間の連泊になることも想定し、可能であれば洗濯機や乾燥機、キッチン器具なども揃えたいところです。
また部屋の広さによって、置けるベッドの数も違ってきます。8畳の寝室であれば、ダブルベッドを1つか、シングルベッドを2つまでなら置けるでしょう。また、ベッドは1つだけ置いておき、あとは押入れやクローゼットに布団を何セットか入れておいて、必要に応じてゲストに利用してもらうという方法もあります。なお、ここで紹介している備品の価格はあくまでも一例です。こだわれば、もっと高額になる可能性もあります。

 

個室で必要な備品

必要な備品 費用
布団またはベッド×2 1万円~6万円
シーツ、カバー×4
(替えを含む)
4,000円~1万円
冷蔵庫 2万円~5万円
テーブル 2,000円~1万円
電子レンジ 5,000円~1万円
電気ケトル 2,000円~5,000円
モバイルWi-Fiルーター 月額5,000円
備品の合計費用は、5万円~10万円程度

 

まるまる貸切で必要な備品(5人家族までの場合)

必要な備品 費用
ダブルベッド 3万円~6万円
布団×3 1万5,000円~3万円
シーツ、カバー×10
(替えを含む)
1万円~2万5,000円
エアコン(工事費込み) 4万円~8万円
冷蔵庫 2万円~5万円
テーブル 2,000円~1万円
電子レンジ 5,000円~1万円
電気ケトル 2,000円~5,000円
洗濯機 2万円~5万円
食器(皿、箸、スプーン、フォークなど) 1,000円~5,000円
調理器具 1,000円~5,000円
モバイルWi-Fiルーター 月額5,000円
備品の合計費用は、10万円~20万円程度

 

—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より