【Airbnbノウハウ】25-ホストがやらなければいけないことを知るairbnbの仕組みを理解しよう!

2017年6月15日

貸し出す部屋の準備ができたらリスティングを作成し、Airbnbに部屋を登録して予約を受け付けましょう。Airbnbでホストがやるべきことの流れを説明します。

ホストがやるべきことの流れ

部屋の準備ができたら、いよいよAirbnbに部屋を登録し、運営をスタートさせましょう。ホストは以下のような流れで、部屋の登録から予約受付、チェックイン、チェックアウト、アフターケアの作業を行います。なお、チェックイン時の鍵の受け渡しを直接会って行うか、会わずにポストなどに入れておくかは、あらかじめゲストに伝えておきましょう。

 

■1.リスティングを作成する


↑部屋の紹介ページであるリスティングを作成します。写真をアップロードし、タイトルや紹介文を作成し、部屋のタイプやベッドの数、住所などを登録します。

 

■2.ゲストからの問い合わせに対応する


↑リスティングを掲載すると、ゲストから質問などのメッセージが届きます。質問にはなるべく早く、ていねいに回答しましょう。

 

■3.予約を受け付ける


↑ゲストから予約リクエストが届いたら、承認するか却下を選択します。承認すると、予約が成立します。

 

■4.チェックインの方法を伝える


↑予約が成立したあとは、メッセージや電話でゲストとの連絡を行います。あらかじめ鍵の受け取り方法などをゲストに伝えた上で、ゲストにチェックインしてもらいます。

 

■5.チェックアウトを確認する


↑あらかじめ伝えてあるチェックアウト時間になったら、予定通りチェックアウトできたかどうかを確認しましょう。忘れ物などがあれば、ゲストと話し合って対応を決めます。

 

■6.清掃・アフターケアーを行う


↑ゲストのチェックアウト後、部屋の清掃やアメニティの補充を行います。その日のうちに次の予約がある場合は、すばやく作業を行いましょう。

—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より