【Airbnbノウハウ】50-部屋のアピールポイントを考えるairbnbの仕組みを理解しよう!

2017年8月28日

予約率を上げるためには、ゲストに対しては部屋の優位性をアピールする必要があります。アクセスのよさはもちろん、周辺環境や内装も上手にアピールしましょう。

リスティングで何をアピールするか

■何よりもアクセスが重要

多くのゲストは、観光や買い物を目的に日本を訪れます。そのため部屋を探すときに最初にチェックすることは、空港からの距離や時間、目的の観光地までのアクセスです。ゲストは部屋にいる時間よりも外にいる時間のほうが多いため、アクセス情報は何よりも大切です。最寄り駅やバス停からの距離、近所にあるお店(コンビニや飲食店など)の情報やそこまでの距離など、周辺環境も含めて少しでもアピールできるアクセス情報を、まずは書き出してみるとよいでしょう。
また、周辺地域ならではの興味深い情報やトピックがある場合は、地域の面白さや楽しさを知ってもらえるように説明すると効果的です。具体的には、以下のようなアクセス情報や周辺の情報が、ゲストにとっては魅力的に見えます。
 

・○○駅から徒歩数分、一本道で来られる(最寄り駅が有名な場合)
・東京駅から最寄り駅まで約10分(最寄り駅があまり有名でない場合)
・空港から乗り換えなしで約30分の好アクセス
・東京スカイツリーまで1駅、歩いて○分

 

↑人気のある部屋のレビューを見ると、多くのゲストがアクセスのよさを指摘していることがわかります。

■景色やロケーションをアピールする

部屋の窓から見える景色がキレイだったり、部屋が有名な観光地にあったりする場合は、周辺環境や景色のよさを前面に押し出すのも有効です。ただし、文字で長々と説明しても伝わりにくいので、写真をたくさん撮っておいて、リスティングに載せるとよいでしょう。季節のイベント時期であれば、季節感の伝わる写真がおすすめです。
 

↑景色や周辺環境は、写真で見せるのが効果的です。できれば季節ごとに写真を変えて、各シーズンに対応したいところです。

 

■部屋の内装や備品の充実度で勝負する

家具を高級なもので揃えている場合や、レイアウトや内装にこだわっている場合は、部屋のクオリティをアピールしましょう。その場合もできるだけ写真を多く掲載し、「家具はすべて日本製です」などと情報を補足しておくのがおすすめです。ただし、リスティングを見てイメージしていた雰囲気と、実際の部屋の様子が違っていると、ゲストががっかりしてしまい、レビューの評価にも影響してしまうかもしれないので、写真には気をつけましょう。
 

■サービス面で勝負する

シェアルームや個室の場合は、1人で泊まるゲストも多いでしょう。そのようなゲストに対しては、きめ細かいホスピタリティがアピールポイントになります。たとえば「おすすめの観光情報など、情報提供もおまかせください」などとリスティングに記載したり、朝食のサービスを行ったりと、少しでも楽しんでもらえるようなサービスの提供をアピールしましょう。
 

—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より