【Airbnbノウハウ】56-部屋以外の写真も活用するairbnbの仕組みを理解しよう!

2018年1月17日

リスティングには、部屋以外の写真も載せましょう。近所のお店や、近隣の観光スポット、最寄の駅からのルートなど、写真を有効に使うことで、部屋の魅力をさまざまな角度からアピールできます。

近隣の様子がわかる写真

ゲストに部屋の魅力をアピールするために、できるだけ多くに写真を掲載しましょう。リスティングに掲載できる写真は、部屋の内観や外観を写したものに限りません。たとえば近隣の街並みや風景など物件の周辺の様子がわかる写真や、近所のお店を写した写真があれば、ゲストは街の雰囲気や現地で買い物をする時の様子を、具体的にイメージすることができます。近所のお店は飲食店のほか、コンビニやドラッグストアの写真があると、ゲストに安心感を与えることができます。また、公園やおすすめの散策ルートがあると散策ルートがあれば、明るい日に写真を撮って掲載しましょう。また、駅からのアクセスがわかりにくい場合は、駅からのルートがわかる写真を載せておくと、アクセス面のマイナスポイントをカバーできるかもしれません。曲がるポイントごとに写真を掲載し、合成で曲がる方向を矢印で示してあげると、非常にわかりやすくなります。

近所にコンビニやドラックストアがあれば、店頭の写真を掲載するとゲストに安心感を与えられます。コメントを添えるとなおよいでしょう。

駅前の様子がわかる写真を掲載しているホストもいます。最寄駅が外国人にとって有名でない場合に有効です。

観光スポットの写真

近隣のおすすめスポットや、最寄駅からにのアクセスがよい観光スポットの写真を掲載すると、ロケーションの良さをアピールできます。また、ゲストは観光スポットの写真を掲載すると、ロケーションの良さをアピールできます。また、ゲストは観光スポットの情報をインターネットや旅行雑誌などで事前に調べてくると思われるので、日本人ならではのチョイスで写真を用意してあげるとよいでしょう。また、日本の四季を感じられる写真は、ゲストの感性をくすぐり、魅力もアップします。日本のよさをアピールするような写真を何点か用意することをおすすめします。

近隣のおすすめスポットや観光地の写真も、どんどん掲載しましょう。とくに季節が感じられる写真があると、日本の情緒を期待しているゲストの感性を刺激できます。

ゲストとの交流写真

ゲストとの交流を積極的に行っている場合は、ゲストと一緒に撮影した写真を掲載しておくと、ホストとの交流を望んでいるゲストに好印象を与えることができます。ただし、ゲストに写真を載せてよいか確認してから、載せるようにしましょう。

ゲストが写っている写真を掲載する場合は、顔などわからないようにモザイクをかけるか、あらかじめゲストに許可を取るなどの配慮が必要です。

その他の写真一例

■ショッピング施設

買い物を楽しみたいゲストにとって、近隣のショッピング施設などの写真はとても参考になります。とくに大型のショッピングセンターなどが近くにあれば、迷わず掲載することをおすすめします。

■食事のサービス

チェックイン時や朝食時に食事のサービスを提供している場合、写真を掲載するとよいアピールになります。撮影時は綺麗に盛り付けて、明るさにも気を付けましょう。食材の補足説明などをキャプションに記載すると、なおよいでしょう。

■アクセス情報

最寄駅が誰でもわかる有名な駅(東京駅など)でない場合、空港から部屋までのアクセスや所要時間が分かる路線図などがあれば、位置を把握するのに便利です。有名な観光地へのアクセスがよいことなども、一目でわかります。

■部屋から行けるおすすめスポット

四季の風情を感じられるスポットの写真は、日本を訪れるゲストの目には、とても魅力的に映ります。近隣に桜の咲く公園や紅葉の綺麗な場所があれば、時期に合わせて写真を入れ替えるとよいでしょう。

■日本らしさを感じる写真

着物など、日本の文化を体験できることは、観光の大きな楽しみになります。着物の貸し出しを行っているお店の写真を掲載してもよいですし、ゲストの様子を撮影した写真があれば、実際に体験している様子を掲載するのもおすすめです。

■ゲストの写真

ゲストとの交流を積極的に行っている場合は、一緒に過ごしているときの様子がわかる写真を掲載すると、ホストのサポートを期待するゲストにアピールできます。観光スポットで撮影した写真や、食事中の写真などがよいでしょう。

 
—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より