【Airbnbノウハウ】60-1予約の方法を変更するairbnbの仕組みを理解しよう!

2018年1月25日

予約の承認方法を「今すぐ予約」に設定すると、ゲストが予約をした時点で、予約が即成立となります。ここでは、「今すぐ予約」のメリットとデメリットを理解しておきましょう。

今すぐ予約とは

Airbnbの予約システムには、通常の方法と「今すぐ予約」の2通りの方法があります。「今すぐ予約」をオンにすると、急な旅行や出張などですぐに宿泊先を決めたいゲストや、予約までの段階であまりやり取りをしたくないゲストなどに好まれるため、通常よりも予約が成立しやすいというメリットがあります。ホストにとっても、予約リクエストをその都度承認しなくても予約が成立するため、手間や時間が省けます。
「今すぐ予約」をオンにすると検索順位が上昇するため、部屋の稼働率が上がりやすくなります。また、ゲストが予約を申し入れた時点で即予約が成立するため、返答時間は「即時」、返答率は「100%」となります。このように、基本的に予約が入りやすくなるため、リスティング公開直後でレビューを集めたいときや、急なキャンセルのために空きが出てしまったときなどに有効です。

■「今すぐ予約」の注意点

「今すぐ予約」をオンにする場合、いくつか注意しなければいけないことがあります。まず、ゲストと直接やり取りをしないで予約が成立するため、トラブルが生じる可能性は少なからず高まります。また、予約後に宿泊料金などを変更することができないため、カレンダーや宿泊料金の設定には、細心の注意を払わなければなりません。宿泊不可の設定を忘れていてゲストから予約が入ってしまった場合でも変更できないため、ホスト側からキャンセルするしかありません。ホスト側からのキャンセルには重いペナルティが課せられるため、そのよなことがないように注意しましょう。「今すぐ予約」は、部屋の稼働率を上げるために、とても有効な施策です。トラブルを避けるためにも、次の手順で「今すぐ予約」が可能なゲストの条件を設定しましょう。

 
—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より