【Airbnbノウハウ】67-1備品やアメニティを補充するairbnbの仕組みを理解しよう!

2018年2月26日

清掃が終わったら備品やアメニティを補充して、次のゲストを迎える準備をします。最低限の分量さえあればOKと言うわけではなく、予備の分まで補充しておくとよいでしょう。

タオルやシーツを交換する

部屋の掃除だけでなく、アメニティの交換や補充も忘れないでください。バスタオルとフェイスタオル、布団やベッドのシーツはすべて洗濯し、新しいものに交換します。ゲストが汚してしまったりして、いつ替えのシーツやタオルが必要になるかわからないため、つねに予備は多めに用意しておくと安心です。なお、洗濯するときは、自宅に持って帰るかコインランドリーを利用しましょう。ハウスメイトさんに頼む場合も同様です。
また、ベッドのシーツはシワが寄りやすく、せっかく洗濯してキレイな状態であっても、シワシワでは汚く見えてしまいます。ホテルのように毎日アイロンをかけられるのであれば1番良いのですが、アフターケアをホスト1人で行っている場合は難しいでしょう。最近ではシワになりにくいシーツや、布団の上から覆うに被せることで、全体がきれいに見えるカバーが販売されています。見た目が気になる場合は、そういった商品を利用するとよいでしょう。
 

 
↑タオルは予備の分を含めて、常に多めに用意しておきましょう。
 

 
↑シーツも必ず交換します。シワが気になるようであれば、上からカバーを被せるとキレイに見えます。

 

 
—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より