【Airbnbノウハウ】68-1掃除を人に依頼するairbnbの仕組みを理解しよう!

2018年3月1日

Airbnb以外の本業がある場合、アフターケアに十分な時間を費やすことは難しいかもしれません。そのため多くのホストは、掃除などの業務を人に依頼しています。

作業を外注する

まるまる貸切の部屋を運営している場合、ゲストのチェックアウトの度に部屋に行ってアフターケアをするのは、なかなか大変です。本業が忙しくない期間だけ貸し出すなど、無理のない範囲でホスト活動をしている人であれば問題ありませんが、少しでも収益を増やしたいと考えたら、部屋は常に稼働している状況が望ましいでしょう。
そこで、清掃などのアフターケアは、誰か別の人に代わりにやってもらいましょう。
つまり、部屋に行って行わなければならない作業は、外注してしまうのです。外注費が発生するためにコストは増えますが、その分メッセージ対応やリスティングの更新などを行う時間ができ、新しいサービスを考えたり、2軒目の物件を探す余裕も生まれてきもます。実際、Airbnbで多くの収益を得ているホストは、大半が作業を外注しています。なお、アフターケアを人に依頼する場合は、あらかじめチェックリスト(71参照)を作って、掃除だけではなく備品の補充なども行ってもらうようにしましょう。具体的なには以下のように、自分がやる仕事と外注する仕事を、はっきり分けてしまいます。なお、本書では掃除などのアフターケアを代わりに行ってくれる人のことを、「ハウスメイト」と呼びます。
 
 
ホストの仕事
・ゲストの対応
・予約の管理
・リスティングの更新
・新物件探し など
 
外注する仕事
・忘れ物の確認
・部屋の掃除
・アメニティの補充
・メッセージカードの記入 など

 

 
—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より