【Airbnbノウハウ】70-1仕事を依頼するときの注意点airbnbの仕組みを理解しよう!

2018年3月7日

69で紹介した方法でハウスメイトに仕事を頼む場合、いくつか注意することがあります。必ず会って決めることと、仕事の内容をチェックすることが大切です。

必ず面接を行う

インターネットの掲示板などを利用してハウスメイトを募集する場合、必ず一度は会ってから依頼するようにしましょう。メールや電話連絡のみですませてしまうと、本当に仕事を任せてもよい、信頼できる人かどうかわかりません。いくら私物を置いていないとはいえ、備品などを持ち帰られてしまう恐れもあるので、自宅の家事を任せるような気持ちで、信頼できる人かどうかを判断するべきです。また、いくらチェックリストやマニュアルをしっかり作成したとしても、その通りに働いてくれる人でなければ意味がありません。できればAirbnbの仕組みやレビューの大切さなどを直接説明して、理解してもらうようにしましょう。
 

英語がわからなくても大丈夫

ハウスメイトを募集するときに、「英語が話せる人」などと限定することは、応募数が極端に減ってしまうので、しない方がよいでしょう。ハウスメイトが部屋にいる時間は、基本的にはチェックアウトから次のチェックイン時間までの数時間のみです。そのため、ハウスメイトがゲストと会うことはほとんどないので、英語が話せなくても問題ありません。しかし、事前に連絡なしで予定よりも早く着いてしまうゲストもいれば、チェックアウト時間を過ぎても用意が間に合わずに、部屋に残っているゲストもいるでしょう。そのような場合はゲストに失礼のないように「申し訳ないが、私は英語が分からないので、ホストに連絡してくれ」と、身振り手振りで伝えてもらいましょう。とくにゲストの印象を悪くすることもないでしょう。
 

 
—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より