【Airbnbノウハウ】80-2ゲストの返金できる?airbnbの仕組みを理解しよう!

2018年4月3日

ゲストが予約をキャンセルした場合は、設定したキャンセルポリシーに従って、自動で返金処理が行われます。規定額以上の返金を行うには、手続きが必要です。

■キャンセルポリシーを変更する

 

 
①リスティング管理画面でメニュー→<チェックイン>をクリックし、「キャンセルポリシー」のボックスをクリックします。
 

 

 
②<柔軟><普通><厳格>のいずれかを選択します。
 

チェックイン後は問題解決センターから手続きをする

チェックイン日よりもあとに規定額以上の返金を行う場合は、「問題解決センター」からゲストに返金することができます。
問題解決センター(https://www.airbnb.jp/resolutions)を表示して、返金したい予約を選択します。続いて「理由の選択」の下にある<一部返金をオファー>をクリックしましょう。その後、返金したい金額等などを設定して送信すると、ゲストに通知が届きます。ゲストが返金の申し出を承認すると、48時間以内にAirbnbからゲストへ返金の処理が行われます。なお、ゲスト側のサービス料はゲストに返金されませんが、ホスト側の3%のサービス料は、返金後の予約最終合計額に応じて調整されます。また、あってはならないことですが、リスティングに書いてある事と実際の部屋に違いがありゲストから苦情を受けた場合なども、この方法でゲストに返金することができます。

 
 

 
—–
 
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より