【Airbnbノウハウ】81 チェックアウト後の部屋が汚いairbnbの仕組みを理解しよう!

2018年4月4日

Airbnbは世界中で利用されているため、ゲストには様々な国籍の人がいます。文化の違いなので思わぬトラブルになりかねないので、ハウスマニアルをしっかりと作成しましょう。

ハウスマニュアルをしっかり作成する

Airbnbのゲストには、さまざまな国籍の人がいます。それぞれ文化や育ってきた環境が異なるため、中にはマナーのよくない人もいます。たとえばゴミ箱を置いているにもかかわらず、大量のゴミを床に放置していく人や、タオルやシーツを広く汚していきゲストもいます。部屋を荒らされてしまうと、掃除が大変で次のゲストが来るまでに間に合わなくなってしまうかもしれません。そのようなことがないよう、ハウスマニュアルには細かいルールまでしっかりと書いておく必要があります。とくにゴミの分別やゴミ捨てのルールは、わかりやすく目立つように書いておきましょう。
また、まれに壊れたスーツケースなどを部屋に放置していく人がいます。スーツケースのような大型のゴミは処分するのにお金がかかるので、その場合はゲストに説明したうえで、Airbnb経由で処分費用を請求してもよいでしょう。
 

 
↑ハウスマニュアルをしっかり作成していないと、部屋を汚されたり傷付けられたりしてしまうかもしれません。

 
 

 
—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より