【Airbnbノウハウ】86 大家さんの許可が取れない…airbnbの仕組みを理解しよう!

2018年4月11日

賃貸契約の場合、大家さんに許可を得られないとAirbnbで貸し出すことはできません。はじめから民泊可能物件に絞って探すのが、もっとも確実です。

民泊可能物件を探しましょう

19-1で解説したように、住居用の物件では多くの場合、契約書に「転貸不可」の条件が入っています。賃貸物件をAirbnbで貸し出す場合は、大家さんに民泊のしくみを説明して、了承を得なければなりません。なお、契約後に許可を得られなかった場合、初期費用分のコストが無駄になってしまうので、許可を得てから契約するようにしてください。ただし、Airbnbなどの新しいビジネスについては抵抗を感じる人も多く、そのような大家さんの場合、許可を得る事はかなり困難でしょう。
そのため、確実に許可を得られる物件を見つけるためには、選択肢を狭めてでも「民泊可能物件」に絞って探すのが得策です。19-2を参考に物件を探して問い合わせたり、不動産仲介業者に相談してみるとよいでしょう。
 

 
↑はじめから民泊可能物件に絞ってインターネットなどで検索し、問い合わせるのが確実で早い方法です。

 
 

 
—–
 
Airbnb運営のノウハウが満載!
株式会社ジャパンマーケティングカンパニー代表取締役 浦上 俊介 (著)
Airbnb はじめる&儲ける 完全攻略大事典」より